沖縄観光の歴史を感じる

旅行といえば、その土地の歴史や文化に触れることで今ある環境の流れを知ることができたり、その土地の雰囲気を短期間の旅行でも味わえることができ、新たな発見をすることができます。
その土地の息遣いを感じることができたり、驚きや何かを感じとることができとてもいい刺激になります。見て触れて感じて・・・.五感で体感したことは一生忘れることなく自分の人生に刻まれ、より深い思い出になるでしょう。琉球民族の町沖縄。かつて栄えた琉球王朝は日本でありながらも、島ということもあり、独自の歴史がありとても興味深く魅力的なところです。歴史を感じる旅に出かけてみませんか?

かつて栄えた琉球王国を知れるところ

かつて15世紀ころ琉球王朝ができ、沖縄はアジアと日本の中間地点に位置し、積極的にアジア諸国と交易を行い栄えていました。また、江戸時代には島でありながら独自の琉球文化を形成していきました。それから明治時代まで続いたわけですが、沖縄には今もその当時の歴史や文化にふれることができるスポットがたくさんあります。いくつかありますが、琉球王国のシンボルともいえるものが、2000年にユネスコ世界遺産に登録されている首里城です。沖縄県那覇市首里にあり、沖縄本土にあるため、アクセスは那覇空港からでも生きやすいです。モノレールバス、バスやタクシー、あるいはレンタカーで行くなど方法は様々です。見晴らしいい場所に建っており、朱い建物が特徴的です。那覇港を見下ろすことができます。第二次世界大戦で壊れましたが復元されており、正確な創建年代は明らかにはなっていません。沖縄に来たら、見る価値は大です。

首里城公園ではこんな催しも

琉球王国の文化を知れる陶器や装飾などの美しい骨董品の展示が定期的に行われています。時期によって展示しているものが違うこともあるため、何度足を運んでも観るところはあります。行かれる際は、インターネットから首里城公園のホームページや直接電話をしていかれることをおすすめします。また、首里城公園では実際に体験ができ、琉球王国時代の伝統的なお菓子やお茶を召し上がることができます。有料体験になっておりますが、他の日本の地域を旅しても琉球王国の伝統を味わえるところはまずここしかありません。

首里城のみどころ

まずは、首里城に入る前の門です。首里城にはいくつかの門があり、それぞれがきちんと由来がある門となっています。それぞれの由来のある門を巡り、いよいよ中の首里城へと入ります。首里城は、中国の紫禁城を参考にそれに日本の建築様式をとりいれて建てられています。外観も中も全体に赤色が使用されており目立ちます。ここは、かつて儀式や政治を行っていた場所です。ここでは、当時の様子が再現され、琉球王国を感じることができます。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »