その土地でしか味わえない美味しいもの

旅行の楽しみのひとつに、その土地でしか食べることのできないおいしいものを食べることがあります。食は生きていくうえでも大切なことですが、旅行で食べるごはんは普段とまた違って格別です。その地域に昔からあるものを食べることで、自然と文化にふれることができます。また、旅行では初めて口にするものありますから、新たな発見と刺激になります。おいしく楽しく食べることは人を豊かにしてくれます。沖縄では、独自の食文化があります。その名物料理を食べずには沖縄に来たとは言えません。ここでは、沖縄のおいしい名物料理についていくつか紹介します。ぜひおいしい沖縄を食べてみてください。

伝統的な琉球料理

伝統を感じる一番の郷土料理はなんといっても琉球料理です。これは琉球王朝時代の宮廷料理を言っていることが多いです。朱色の琉球漆器に花イカやてんぷら。昆布巻きや豆腐ようなどがきれいに並んでいます。これは、琉球王朝時代に、祝事や客人をもてなすときの料理でした。現在も沖縄には当時の琉球料理を食べることができるお店があります。

沖縄に来たらこれを食べないと帰れない

沖縄の定番と料理はいろいろあります。有名なゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤを丸ごと使いますし、ニンジンや豆腐などを使って調理するため栄養価が高く、とても健康的です。チャンプルーとは沖縄の方言で「混ぜこぜにした」というような意味であり、いろいろな野菜をいれて調理します。ゴーヤはビタミンやミネラルが豊富で夏バテ予防にはピッタリです。
そして、沖縄そば、ソーキそばともいわれます。そばといえば、そば粉を使ったものを想像しますが、そば粉ではなく中華めんを使うのが特徴的です。和風だしにめんと肉と生姜が入っておりさっぱり食べることができとてもおいしいです。沖縄に来たらこの2つは外せません。沖縄を感じることができます。

ちょっとかわった食べ物

他の地域ではあまり食べないものといえば、豚の耳の皮を使ったミミガーとよばれるものです。ミミガーには女性にうれしいコラーゲンが豊富に含まれていますので、美容効果抜群です。沖縄料理は豚肉が多く使われますが、もうひとつ珍しいものは、チラガーです。チラガーとは豚の顔の皮のことです。豚の顔がそのまま真空パックされており、お土産としても売っています。そのまま食べたり、チャンプルーなどに混ぜてたべたりします。見た目はかなりインパクト大です。

いい経験を

沖縄にはほかにも、料理やオリオンビール、太陽をいっぱい浴びた甘い南国フルーツなどおいしいものがいっぱいあります。せっかくの滞在なので、沖縄でしかたべられないおいしいものを是非たべてみてはいかがでしょう。